男性が困惑してしまうLINEとは

LINEのコミュニケーションはスムーズに

毎日の生活において、他の人とのコミュニケーションをとるために欠かせないLINE。
恋愛においても非常に大きな役割を果たすものですが、使い方によっては恋愛を発展させるどころか相手の気持ちを冷めさせてしまうというケースもあります。

そもそも、女性に比べると男性はメッセージのやり取りをそれほどしないという方も多いもの。
どんな内容のLINEを送るかによっては、相手がうざく、めんどくさいと思ってしまったり、どう返信すればいいのだろう?と困ってしまうこともあります。

では、男性が困ってしまうLINEの内容とは何なのでしょうか?

代表的なものの一つは、自分が何をしているかをただ報告してくる、いわゆる私通信です。
行動の報告をしてきたり、何をするのか連絡をしてきても、何を返信して欲しいのかよく分からないと困っている男性が少なくないようです。

「そうなんだー」というだけでは、物足りないと思われる、困るから既読スルーしてしまうという方もいるほど。
彼女になっていないのに何かと行動を報告してくる女性には、どう返していいのかわからない、苦手なタイプだと感じている方は意外と多いため注意が必要です。

だから何なの?と思われてしまわないよう注意しましょう。

愚痴がメイン

誰にでも愚痴を言いたい時というものはあるものですが、とにかく愚痴だけ送られると聞いているほうも疲れてしまいます。
あの人きらい!こういうところが苦手!など愚痴だけが送られてきても、何と返せば良いのか分からない、悪口を言っている女性は基本的に好感度が下がると言う男性がほとんどです。

愚痴をLINEで送ると記録として残ってしまいますし、決して性格が良い女性とは思ってもらえません。
この人嫌いという報告をされても、「だから何?なんと言ってほしいの?」と思ってしまい返事の内容に困るという方は多いものです。

要件や目的がはっきりしない内容のLINEをするのは、男性は苦手なものです。
特に、愚痴はNGと言えるでしょう。

誰かに愚痴を聞いてもらいたいという日には、LINEではなく「ちょっと色々溜まってるから、電話してもいいかな?」などと言い、少し気持ちをスッキリとさせることもできます。

スタンプオンリー

便利なLINE機能であるスタンプも、それだけを送ってこられると何かと思う男性が多いようです。
女性同士ではスタンプをランダムに送ってもそれほど相手を困らせることはありませんが、男性は無意味な物や目的がよくわからないものを嫌う傾向にあります。

どんな風に返信をすれば良いか分からない、意味のわからない突然のスタンプはスルーしたくなる!という声が多いようです。