肌が変われば見た目も変わる

見た目年齢を変える肌コンディション

この人若々しい!と思う人は、やはり肌が綺麗な人が多いようです。
年齢が実際の年齢よりもずっと若く見えるという時には、お肌のコンディションが若々しいといえるでしょう。

どんなにメイクを頑張ってもヘアケアをしっかりと行なっても、肌のコンディションが整っていないと見た目年齢を変えるのは非常に難しいと言えます。
逆に言えば、肌のお手入れさえきちんとできていればある程度見た目を若く保つことができるんです。

お肌の曲がり角とも言われている20代頃から、様々な肌トラブルを感じている方は多いもの。
黒ずみや乾燥、テカリ、シミや乾燥肌など、様々な肌のお悩みが出てき始めると、何が肌トラブルの原因なのか?どんなふうにケアすれば良いのか?と迷ってしまいます。

お肌のトラブルの原因とは?

では、お肌のトラブルの原因となる要素とは何なのでしょうか?
敵を知らなければ対策は出来ませんので、まずこの原因について徹底的に調べていきましょう。

基本的に、お肌のトラブルの原因として関係しているのはお肌の水分量です。
お肌の中の水分はどのような役割を果たすのでしょうか?

肌の中に水分がしっかりとあることで、うるおいを守ってくれるだけではなく、肌の奥も守ってくれる働きがあります。
紫外線や化学物質など、外部の刺激から肌を守ってくれるのも水分の役割のひとつです。
肌の水分を守ることが、美肌に直接つながると言っても過言ではないのはこのためです。

しかし、残念ながら年齢とともに減少していくと言われているもの。
肌の水分量は10代の頃をピークに20代頃から少しずつ肌の水分量が減り、トラブルに悩むことが増えてしまいます。

まず、水分量が減ると肌が乾燥し始めます。
すると乾燥から肌を守るために過剰な皮脂の分泌が始まり、テカリやニキビ、毛穴の詰まりなどが起こるんです。
毛穴が詰まることで、黒ずみやいちご鼻などの毛穴トラブルも発生します。

また、水分量が減ることでターンオーバーの時期が遅れ、不要な角質が肌の表面にとどまることで肌のごわつきの原因になるのです。
ターンオーバーで排出されなければならないメラニン色素の排出が遅れ、シミやそばかすなどのトラブルの原因ともなります。

どんな風にお手入れすれば良い?

では、どんな風にそんな肌トラブルを避けて、お手入れをすることができるのでしょうか?
正しい方法でスキンケアをすることで、数年後数十年後のお肌にも影響があります。

丁寧なスキンケア、正しいスキンケアの方法について知っておきましょう。

まずスキンケアのためのコスメを選ぶことから始まります。
自分の肌のタイプ、状態や使いやすさなどを考えてから、選ぶことが大切。

例えば乾燥や毛穴でお悩みの方は、ヒアルロン酸やセラミドが入っているコスメがおすすめです。
反対にテカリが気になる方は、セラミドやビタミンC誘導体などが必要です。

また、敏感肌の方は防腐剤やアルコール、香料などの化学物質が配合されていないものを選びましょう。
肌に良い成分が配合されているだけではなく、使い心地がよく長く続けられるものが大切なので、自分の予算にもあったものを選ぶことが必要なんです。