男性が電話を貰うとテンションの上がるタイミングとは

男性も突然の電話にドキッとする

大好きな相手の声は、いつ聞いても嬉しいものですよね。
突然電話をもらうと困るのではないか?と心配してなかなかかけられないこともありますが、やはり男性も突然の電話にドキッとする!嬉しい!という方が多いものです。

何か人恋しいなという時、誰かと話がしたいという時に電話がかかってきたらなおさら嬉しいですよね。
では、特に男性はどのタイミングで女性から電話をもらうと嬉しいのでしょうか?

なにかを報告したいとき

何か嬉しいことがあると、誰でも他の人に話したくなるものです。
特に、好きな人には速攻で報告したくなるような嬉しいニュースもあるでしょう。

嬉しい出来事があって、何かを相手に伝えたい!と思っている時に連絡がくると、とても嬉しい!テンションが上がる!という意見が多いようです。
嬉しい報告は、仕事についてのもの、家族について、自分の資格や学校の受験など、様々なタイミングがあるでしょう。

何か嬉しい報告をしてくれた時には、LINEやメールだけで「よかったね!」というのではなく、電話をかけて「すごいね、おめでとう!」と、一言声を伝えてみてはいかがでしょうか?
すでに嬉しい気持ちになっているこのタイミングで気になる人や好きな人から、「すごいね、よかったね!」と電話で連絡をもらえると、さらに嬉しい気分になることは間違いありません。

誰か他の人から聞いた時はもちろんのこと、本人から報告があった場合も電話をかけて「おめでとう」と直接声をかけてあげましょう。

疲れているとき

忙しそうな人や疲れているように見えるタイミングで電話をかけるのは、気が引けるという方も多いでしょう。
しかし男性の場合、メールなどが続くよりも電話をして短い時間でも「お疲れ様!大丈夫?元気にしてる?」などと声をかけてもらえるほうが嬉しいというケースが多いかもしれません。

仕事で疲れている時や勉強でぐったりしている時に「最近どうしてるかな~と思って」などと電話かかってくると心惹かれる、嬉しいという男性の声は目立ちます。

忙しくて会う時間が取れないという時には、特に電話で近況を聞いたり癒しの言葉をかけることができるでしょう。
忙しくてメールを返してくれないという時でも、疲れているだけの可能性があるのでふと電話をかけてみるのもありです。
時間帯によっては迷惑になってしまうこともありますので、「5分だけ、電話で話せる?」などと連絡を入れてみるのも良い方法です。

忙しさや疲れでストレスが溜まっていることもあるので、自分の愚痴などは言わないように注意しましょう。
向こうも既に疲れていたり落ち込んでいる可能性があるので、ネガティブな内容の電話はおすすめできません。

関係ない話をしながら、最近どうしているか確認する程度の内容がもってこいです。
励ましの言葉をもらえると誰でも元気になりますが、それが気になる相手ならなおさらなんです。