幼顔さんに似合うメイク

幼顔で困ること

丸顔で幼顔だと、困る事はいろいろあります。
どんなことで困るのか挙げてみますと、まずは化粧をしても浮いてしまうということです。
たとえば、頑張って濃いアイメイクをしたらケバい感じになったりとか、七五三のようになってしまったりと悩みは尽きないよう。

そこで、どのようにしたらキレイにメイクできるのか、考えてみましょう。
幼顔に合うメイク方法はありますから、幼顔で困っている方もご安心ください。

幼顔さんに合うメイクとは

そもそも、若く見えるというのは良いことです。
丸顔で幼顔の人は実年齢よりも若く見えますから、嬉しいことと捉えた方が良いでしょう。

その可愛い幼顔を活かすメイクをご紹介します。
丸顔の幼顔を活かすのは「ガーリーなお人形さんメイク」です。
このメイクは目元を強調して、優しく可愛く仕上げます。

このメイクのポイントですが、はっきりとした線を引かずにアイラインをぼかすことです。
こうすることによって、アンバランスにならず可愛い雰囲気に仕上がります。

そして、内側に向けて明るいシャドウ、外側は暗めの色のシャドウを使い、目を大きく見せるのです。
今回は、ブラウン系のアイシャドウを使ってみましょう。

まず、濃い色のブラウンのジェルシャドウを黒目の上の二重幅に濃いめにのせます。
このようにすると、丸くで可愛い目になるのです。

次にブラウンペンシルを使って、下まぶたに目尻を太目にアイラインを入れ、麺棒でぼかします。

そして、パウダータイプのブラウンシャドウを最初にのせたジェルシャドウの上に重ねて、しっかりとシャドウがつくようにしましょう。
下まぶたにも同じように色を重ねます。

次はブラウンの色味を強調させるために、マットな質感のブラウンシャドウを重ねつけしてください。
そして、黒のアイラインペンシルでラインを引くのですが、この際は上下のまぶたのきわをしっかりと埋めるようにラインを引いて下さい。
この時のポイントですが、上のラインはしっかりと引き、黒目の上を太めに入れると丸い目に近づけます。
下のアイラインですが、黒目下から目尻にかけて太くラインを引くのは、サイドをきちんと埋めてからにしましょう。

そして、よりガーリーな仕上がるには付けまつ毛が欠かせないでしょう。
上の付けまつ毛は「毛量多目のばさばさの物」を使うと良いです。
下まつ毛はマスカラ後に、目尻3分の1につけまつ毛をつけて完成。

ファンデーションは少し暗めを使うと、丸顔が楕円形に近づけます。
そして眉ですが、上下のラインを並行に描き、眉山を強調しないようにしましょう。
その後、上下を自然な感じにつなげて完成です。

チークは鼻下のラインを基準にしてそれよりも下にならないように気を付けると良いです。
顔が丸く見えない様に、ブラウンピンクのチークを頬骨からこめかみに向かって色を入れましょう。

リップはグロス程度にしておいた方が可愛い感じになって良いでしょう。
それでも、口紅を塗りたいのであれば、暗めの色を塗り、その絵にグロスを重ねます。