バレンタインの豆知識

NAT86_eijishinbuntochoko-thumb-815xauto-16785

バレンタインの知っておきたい豆知識

みなさまはバレンタインになると、どんな方にチョコを渡すでしょうか。
愛する恋人に手作りチョコを贈る方や、片思いの人に気持ちを伝える、という場合もあるでしょう。

男性はどんな形であっても、当日チョコをもらえる事でうれしい気持ちになります。
男女でハッピーな気持ちになる日、それがバレンタインデーと言えますね。

バレンタインの起源

バレンタインデーは269年、古代ローマの聖ヴァレンティヌスによって作られました。
当時盛んであったルペルカリア際にちなみ、恋人同士のイベントとしても定着しています。

今となっては明るい・おめでたい日、という印象がありますが、そもそものきっかけは聖ヴァレンティヌスの処刑をされた日でもあるため、国によってはお祈りを行う場所もあります。
こちらのサイトでも詳しく説明されています。

参考:http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/d/valentine.html

こう考えると、なんだかいい気持ちがしないですよね。
このお話をした後は世界のバレンタインデーを話して場を明るくさせましょう。
今回は韓国のバレンタインデーについてご紹介します。

韓国のバレンタインデーはたくさんある

韓国は何事にも熱狂的で激しいイメージありますか?
実際にバレンタインデーも強烈です。韓国も女性から男性へチョコレートを送れることがおおいですが、その準備期間がすごいです。

バレンタインデーの約2週間前になるとあらゆるお店がチョコレート屋さんに変わります。
雑貨屋さんやパン屋さんなどみんなチョコレートを売るようになるのです。
また、基本的にバレンタインデーは2月14日ですが、韓国は毎月14日にイベントがあります。

4月14日はブラックデー
バレンタイデー、ホワイトデーの両日にプレゼントをもらえなかった方たちが黒い服を来てチャジャンミョンという料理をたべ自信を癒します。

5月14日はローズデー・イエロー・デー
恋人同士になった男女がバラの花束を贈り合います。
恋人のいない方は黄色い服を来てカレーを食べます。

6月14日はキスデー
恋人同士が公の場でキスができる日です。その日以外でもしているところ見る気がします。

7月14日はシルバーデー
恋人同士が互いに銀製品をプレゼントします。
また、年配の方が若いカップルにデート費用を出してあげる日です。

8月14日はグリーンデー
恋人同士で森林浴をする日です。
恋人のいない方はグリーンのボトルに入った焼酎を飲むそうです。

9月14日はミュージックデー
クラブなどの音楽が流れる場所で恋人同士であることを宣言し、公認カップルに成るそうです。
実際、そんな爆音のところで宣言しても何も聞こえない気がします。

他にも10月14日はレッドデーとして恋人同士で赤ワインを飲んだり、11月14日にはオレンジデー・ムビーデーとして、恋人と映画を見ながらオレンジジュースを飲みます。
12月14日はハグ&マネーデー・1月14日はダイアリーデーと、一年間連れそった恋人に対して感謝の気持ちを送ります。
まさに月ごとにいろいろなイベントをする、マメな国だと言えます。