沖縄美ら海水族館(沖縄県)

沖縄に来たら絶対行きたい!沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館は、沖縄へ観光に行った際には絶対外したくないスポットのひとつです。
沖縄美ら海水族館は、沖縄本島の北部、本部町(もとぶちょう)にある、国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区というエリアの中にある水族館です。

見どころがたくさんの沖縄においても、有数の観光地で、世界的にも非常に大きな規模の水族館です。
名前の「美ら海(ちゅらうみ)」とは、沖縄の方言で「清らしい海」という意味があります。

沖縄美ら海水族館へのアクセス

県庁所在地の那覇や空港からは、有料道路を利用して約2時間、一般道路を利用すると3時間強かかります。
那覇市内や、那覇空港からは高速バスが運行されており、空港に着いたらすぐ水族館へ向かいたい、という人向けにバスツアーも催行されています。

美ら海水族館の特徴

沖縄美ら海水族館は、沖縄の海を再現することをコンセプトにしています。
一番の人気エリアは、「黒潮の海」という名前が付けられた、メイン水槽です。
「黒潮の海」の大きさは、 幅が約35メートル、深さが約10メートル、奥行きが約27メートル、容量が容量7500立方メートルもあります。
日本では最大、世界的に見ても最も大きな水槽のひとつです。

水槽では、約70種類、16000匹の魚を中心とした生き物が飼われています。
下から水槽を見上げるかたちとなり、まるで海底にいて魚たちを見ているような気分になれるアクアルームから見るのが一般的ですが、黒潮探検というプログラムに参加すると、水槽を上から眺めることもできます。
職員の方による解説タイムもあるので、時間が合えば、さらに楽しむことができます。

多くの海の生き物の中でもダントツの人気を誇るのが、ジンベイザメです。
ジンベイザメは世界で最大の魚といわれている、全長8.5メートルという大きなサメです。
サメといっても、小さな魚を食べるおとなしいサメです。
毎日2回のお食事タイムがあり、約100リットルの海水と小魚を一気に飲み込んでしまう様子は圧巻です。

人気のイルカエリア

沖縄美ら海水族館の屋外にあるプールで行われるイルカショーも、無料で観ることができるため、とても人気がある施設です。
「オキちゃん劇場」と名付けられたプールでは、1日に4回、夏休みのシーズンには5回ショーが行われています。
よく訓練されているイルカたちが、高くジャンプをしたり、わざと大きな水しぶきをあげて水中に飛び込んだりする様子は迫力満点です。

また、オキちゃん劇場の隣のプールは、イルカラグーンという名前が付けられています。
イルカの観察会が1日に数回開催されており、訓練の様子を見学したり、とても近い場所からイルカを見ることができたり、鳴き声を聴くこともできます。
土、日には、実際にイルカに触れたり、餌をあげることができる体験プログラムも行われているので、是非参加してみたいですね!