インド:ホーリー祭

インドの神聖なお祭り ホーリー祭

もともとはヒンドゥー教徒が、魔を払うために、収穫を祝う目的で行い始めたといわれているのが、ホーリー祭です。
一見かわいらしいネーミングセンスとは裏腹に、お祭りは非常にアグレッシブに、国内国外問わずに激しくお祭りが行われるとして、観光行事として人気を集めています。

お祭りでは、赤や黄色、緑など、様々なカラーの色粉を、だれかれ構わず掛け合い、頭からつま先まで人々が色とりどりのカラーリングになります。
色粉そのものを頭からかけられることもあれば、色粉を混ぜたお水を、水爆弾のようにぶつけられることもある、見た目は非常にファンシーなお祭りといえるでしょう。

知っている人も知らない人も、容赦なく色粉を掛け合いますので、お祭りが終了するころには、町中色粉まみれ。
非常にカラフルでポップなアートのように、人々も染まっているでしょう。

自然派由来の成分が利用されている?

もともとは、肌に優しい自然派由来の成分を利用して作られた色粉が使われていましたが、近年では、そんなことはありません。
元々は、血肉を現した赤、糞尿を現した黄色、豊かな収穫を願う自然の緑の三種類を利用されていましたが、近年では、青やピング、オレンジに紫など、多種多様な色合いが販売されています。
どれだけカラフルな色合いの色粉を用意できるか、お店によってはその点を重視して色粉作成をしていますので、肌に優しいかどうかなどはあまり考えられていないでしょう。

そのため、肌がもともと弱いという方、喘息持ちという方などは、お祭りの際には要注意。
容赦なく顔面や素肌に色粉がぶちまけられますので、気が付いた時には症状が悪化しているというケースも少なくないでしょう。
どんなに顔を覆って皮膚を隠していても、粉が細かいため、服の隙間から入ってきてしまいます。

お祭り終わりは楽しいけれど、女性は要注意!

ホーリー祭はこのように、容赦なくいろんな人から粉をぶつけられ、いろんな人に粉をぶつけることが出来る、カラフルでポップなお祭りです。
ですが色々な人が集まる分、治安が悪いことも多く、女性の場合、犯罪に巻き込まれるケーースもあるといわれています。
せっかくの楽しいお祭りで危険な目に合わないように、身の安全を守りながら、お祭りに参加をするべきでしょう。
出来るだけ一人ではなく誰かと、危険そうな場所には近づかないように、お祭りを楽しむことをしてください。

色粉や色水は、現地で購入することが出来ます。
ですがお祭り前日や当日には、ホーリー祭のカラフルな被害を受けないように、店が閉まることがほとんどですので、できるだけ早めに現地に向かい、購入してストックしておくべきでしょう。